【家族と先祖からの愛を繋いだ風水】

  • 2018.11.26 Monday
  • 12:03

今日はコンテンポラリー風水の創始者であるMark Ainley師匠の誕生日なので、

私が風水コンサルタントになるきっかけとなった風水のお話をしたいと思います☺️

 

以前のブログや本の中でもご紹介しているので
あ、あれね!という方もいらっしゃると思います。

 

 

初めてMark先生が訪問コンサルをしてくださったとき、
家族関係についての課題を指摘されて
びっくりしたんです。

 

どうしてお部屋の空間を観るだけで
そんな個人的なことがわかったのかと。

 

風水を学んだ今ならその理由はわかりますが、
その時は本当にびっくりしました。

 

それは父と私の関係性。

 

小さい頃から私たちはどう接していいかわからず
すれ違いの父娘でした。

 

「家族関係」をサポートする場所に
ちぐはぐな違和感を感じ取った師匠は
部屋にあるものを動かしながら
この空間に一つの物語をつくってくださいました。

 

それがこちら。

家族の絆を結ぶ風水術 コンテンポラリー風水フジワラユカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マレーシアの昔の民族の様子が描かれたアートと
手の形をしたバリの椅子と
赤いハートのラグを組み合わせたんです

 

 

 

そしてこう言いました。

 

「ほら、こうしたらご先祖様からのつながりを
 手のひらでいつも受け取っている空間になったでしょ?」と。

 

ハートの赤いラグも、手の形の椅子も
よいと思って置いていたけれど
それらは単体で家の中にあったものでした。

 

それらを組み合わせてみたら、
ものすごい物語が生まれて
自分のハートにドーン!!ときたんですよね。

 

今でもとても気にいっているアレンジです。

 

 

父は急な余命宣告で他界しましたが、
最後に父娘の間に暖かい愛と涙が流れ
今では天に旅だった父やご先祖様と毎日繋がっている感じ。

 

サポートを受けている感じとともに暮らしています✨

 

これは私の人生にとって大きな出来事でした。

 

 

この風水アレンジには
追加で2つのエピソードがあります。

 

傍にある観葉植物ですが、
これは母が生まれ育った佐賀県のフローリストから
取り寄せたものでした。

 

母が育った土地からやってきたモンステラは
また特別な意味をもって
この空間をサポートしてくれています。

 

そしてこのモンステラが、
整ったこの空間ではよく育つんです。

ただいまかぶ分け4回目。


購入すると1万円くらいしたりしますが、
どんどん育ってくれています。

 

そしてこのモンステラの葉は、
若い葉っぱは元気いっぱいに弾けるように
葉脈に沿ってわかれていくのですが、
 

年をとってくると、葉っぱが弾けなくなくなるのです。

弾けなくなくなると、葉っぱの形は
「ハート」❤️なんです。

 

モンステラ 家族の絆を結ぶ風水術 コンテンポラリー風水フジワラユカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハートの形の葉っぱは
少し年老いた親の葉っぱ。
 

母の愛みたいだなといつも思います。

 

こんな風に空間に物語を施すことで
深い意識と空間が連動していきます。

 

 

これからも人生の味方になるような風水術を志し
精進していきたいと思っています。

 

 

ちなみに「家族関係・健康」をサポートする空間は
欠けがなければ皆さんのお宅にもあります。

 

それは玄関に入り、
ドアを背にして家全体を見渡したとき
左手中央付近です。

 

 

詳しい風水のお話はぜひメルマガをご登録ください。
メルマガ読者様のコンサルティングは
年内割引を実施しています☺️

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。


★風水メルマガ(バグアマップも進呈中)
https://maroon-ex.jp/fx79379/MMentry

★風水個別相談メニュー

https://ex-pa.jp/s/uketsuke

★Facebookページ(いいね!増えてます) 

https://www.facebook.com/fusuitokyo/

★新刊本がでました!「親子の日常をサポートする子育て風水」

 http://amzn.asia/d/bArCHdR


☆お問い合わせはこちらへどうぞ
info@yukafujiwara-consulting.com

 

JUGEMテーマ:風水

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック