【風水】亡くなった人の写真の素敵な飾り方

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 01:02

こんにちは。風水コンサルタントのフジワラユカです。
お盆ですね。

 

コンテンポラリー風水では、ご家族の健康やよりよいご家族関係のために、

ご家族の写真はできるだけ最新のものをアップデートしていくことを

おすすめしています。

 

 

古い写真は「昔がよかったなあ」という気持ちを投影してしまうので、

「今がいちばん」というシンボルとして、

できれば半年以内の新鮮な写真を飾っていくのがよいのです。

 

そう聞くと、亡くなった人の写真はよくないの?

 

と思われてしまうかもしれません。

 

よくないことは全くありません✨

 

お仏壇のあるお部屋にご遺影がかざってあるのは一般的。


そこにお線香やお花を備えてご先祖様に意識をむけていくのは

何よりのご供養になっていると思います😊

 

 

もしもご家族に赤ちゃんが誕生したら、
ご先祖様のお写真と赤ちゃんのお写真の配置を考え、
天国のご先祖様が赤ちゃんを見守っているるように飾ってみるという

素晴らしいアイデアもありますよ。

 

 

空間の中で時空を超えて亡くなったご家族と
新しい家族が見つめ合うようなアレンジ、
とっても素敵じゃないでしょうか。

 

別々に撮影した写真であっても、物語をつくりながら
配置を工夫することで、効果的な空間をつくることが可能です。

 

そういったアレンジが適している場所はやっぱり
バグアマップの「家族・健康」のエリアでしょうか。

 

玄関に入り家全体を見渡し9等分したとき、
左手中央のあたりにあります。

 

自立した子どもたちの写真を、夫婦が見守る、

というようなレイアウトもありそうですね。

 

 

微笑ましい家族のつながりを空間にどのように施すかは

その人のセンスのみせどころです✨

 

ご参考になれば幸いです。
 

穏やかなお盆をお過ごしくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★風水バグアを知るMAPはメルマガ登録で
 ダウンロードしていただけます。

http://fusuitokyo.raindrop.jp/lp_1/

 

★風水個別相談メニュー

https://ex-pa.jp/s/uketsuke


☆お問い合わせはこちらへどうぞ
info@yukafujiwara-consulting.com

 

 

JUGEMテーマ:風水

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック