【大谷選手も実践していた未来ノート】

  • 2018.04.13 Friday
  • 12:29

JUGEMテーマ:風水

メジャーリーグでの活躍が連日報じられている大谷翔選手。

その大谷選手が花巻東高校時代の指導の中で書いた「目標設定シート」(未来ノート)が
テレビで紹介されていました。

高校生の今の自分から、20代、30代、・・・・60歳を超えるまで
細かく未来の自分がどうなっていたいかを記入しています。

もちろん、メジャーリーグに行くということは
その当時から未来の目標として明示されていたんですねえ。

「26歳・・・メジャー優勝、結婚」

「37歳・・・長男がリトルリーグに入る」

「65歳・・・メジャー年金3000万円受け取る」

など、とても具体的!
リアルなところが味噌なんですが、すばらしくリアル。

晩年は地元の岩手に戻り、リトルリーグの監督をやる、
というようなことも書いてありました。

きっと、そうするのでしょう。
きっと、そうなるでしょう。


これを拝見し、
出身高校の指導もすばらしいと思いましたが、
大谷選手の未来を描く力もすばらしいと思いました。

思い描いたことをしっかり形にしていらっしゃいますよね。

風水Tokyoのfacebookやブログやメルマガでも、
ビジョンボードを作ることをおすすめしていますが、
まさに大谷選手はそれを実践している成功者のお一人だと思いました。


お部屋の空間がその人の人生に与える影響は大きく、
それはバグアの9つの領域、つまり人生の様々な幸せの側面に影響しています。

空間と意識は常に繋がっていきますから、
自分を好ましい方向に導くよう、風水を役立てることができるわけですが、

ビジョンを具体化できる「ビジョンボード」や「未来ノート」は
同じように意識に働きかけるものとして
人生の流れをよりよくするための手助けするものになると思います。

具体的に文字にすべきか、イメージに止めるべきかはいろいろ意見があるところですが、
大谷選手のように素直に、のびのびと紙にすらすら楽しみながら書いている状態は
よい流れを感じます。

これは私の感覚ですが、考えすぎない、忖度しすぎない、人からどうみられるかなんて
関係なくできるのがよいと思います。

私もある大手出版社の就職試験で
同じような目標設定の課題があったんですね。

そのとき、気楽にすらすらと自分が40歳までその会社でどうなっているかを
書いたんです。40歳で部長になる、とか書いた気が・・・
素直すぎますよね・・・・(笑)


私はその会社に内定をもらい、就職しました。
そして、部長になったのは34歳のときでした。


まぐれかもしれませんが、未来ノートの効果は実感しています。^^

(その後は谷あり谷あり^^でしたが。。。)



そして、私は今人生の折り返しにきている年齢ですが、
まだまだ予測できない面白いことがおきるに違いないと信じてみようと思うのです。

予定調和な未来ではなく、
こんな風になったら面白いなあ、嬉しいなあと。

そしてビジョンボードや未来ノートをつくってみる。

あくまで気楽に、素直な心で。

大谷選手の事例を拝見し、よいアドバイスを宇宙からいただいた気がしました。

ご一緒に試していただける方は
やってみた感想やご自身におきる変化などを教えていただけると嬉しいです。

自由な心になるって大人になるとなかなか難しいので
リラックスしたときに試みてみましょうね。^^

風水のご相談も大歓迎です。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

★風水バグアを知るMAPはメルマガ登録で 

ダウンロードしていただけます。

http://http://fusuitokyo.raindrop.jp/lp_1/

 

★風水個別相談メニュー

https://ex-pa.jp/s/uketsuke

 

☆お問い合わせはこちらへどうぞ

info@yukafujiwara-consulting.com